ホルモン剤って個人輸入はできるの?

ホルモン剤を個人輸入することはできるのか?個人使用の範囲であれば購入可能です。 - ホルモン剤って個人輸入はできるの?

ホルモン剤って個人輸入はできるの?

今では、さまざまな方法で薬を真っ当な手段で入手できるようになりました。
そして、その手段を利用し活用している方もたくさんいらっしゃいます。
今回は、薬の中でも「ホルモン剤」に注目してみましょう。果たして、ホルモン剤は個人輸入で手にすることは可能なのでしょうか。

ホルモン剤を個人輸入したい

可能か否かという部分から触れていくと「可能である」ということがいえるでしょう。
個人輸入の場合、購入量の制限などは設けられているものの日本国内の法律に抵触する可能性はありません。
あくまで「個人使用の範囲」であれば問題が無いというわけです。

自己責任で取り入れること

実際に、ホルモン剤を個人輸入し使用している方もいらっしゃいます。
ただし、それら全ては自己責任となっています。仮に副作用が出てしまったとしても誰かを責めたりということは不可能となっています。
このことから「本来ならば病院へ受診し服用するのが一番安全な方法である」ということを把握した上で取り入れなくてはならないという事がお分かりいただけるかと思います。

ホルモン剤のメリット・デメリットを考えよう

身体的に悩みがあるということが個人輸入に至るきっかけとなっていることでしょう。
個人輸入の場合、早い段階・自分自身のタイミングで始めることが出来る・自らその量も調整できる・診断検査などが必要ない・比較的に安価で済むなどというメリットが考えられます。
しかし、長期間服用で身体的に不可逆的に変化をしてしまったり、場合によっては生殖能力などを失うホルモン剤も存在しているのです。
仮に、副作用を感じて服用を中止したとしても、すぐに身体状態が戻るというものでもありません。
このことから、メリット・デメリットの双方を考えた上で個人輸入を行うようしましょう。

個人輸入する際の注意点について

先のようにメリット・デメリットを考えることや、その全ては自己責任であるという事はもちろんですが、輸入したホルモン剤を転売したり第三者に譲ることは決してしないようにしてください。
輸入そのものに法的問題は一切ありませんが、転売・譲渡に関しては薬事法違反に抵触してしまうのです。
この点についても認識を持っておくようにしましょう。

事前に検査診断だけしておくのも良い

少しでも安心できる状態で個人輸入をというのでしたら、医療機関などにおいて検査や診断のみを受けておくというのも良いかもしれません。
自分自身の身体状態を把握することにより、安心できる形で服用していただけるかとも思います。
また、その際に服用している薬剤があるなどという場合には「飲み合わせ」についても相談しておくのもおすすめです。
こうして環境を整えるという意識も大切なことといえるのではないでしょうか。

輸入代行業者をしっかりと選ぶこと

また輸入するに際して、個人輸入代行業者が「安心できる業者か」ということについてもしっかりと判断していただきたいポイントです。
残念ではありますが、中には悪質な業者や偽物を販売している業者も存在していますので比較検討をし信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

ホルモン剤を個人輸入するという事

rhyys
このように、輸入するという行為自体は問題はありませんが、輸入に対するさまざまな注意点はお分かりいただけたかと思います。
先のような点を配慮した上で取り入れるようにしてください。
今では、個人輸入代行業者についてまとめているインターネットサイトもありますので参考にしてみましょう。

Copyright(C)2016 ホルモン剤って個人輸入はできるの? All Rights Reserved.