出会い系サイトで実際にエッチする場合に気をつけるべきこととは

出会い系にはエッチに積極的な女性が登録をしているのは事実。このため評判の良いハピメのような出会い系を使えば、いろいろな出会いが期待できます。

サイトで仲良くなり実際に出会ってエッチの場面が訪れた。こんなときその場の欲求の赴くままに行動すると後悔につながります。ここではサイトで出会った女性とエッチをする際に気をつけるべきことを紹介します。

不特定多数の男性とエッチしている可能性がある

出会い系で異性と出会いエッチまでしている人は、不特定多数の異性とアブノーマルなエッチをしている可能性も高いということです。

知った仲であれば、どのくらいの経験人数なのかくらいは噂などで知っていることでしょう。しかし出会い系の相手に事前に聞いて引かれでもしたらと不安に思ってしまうため、そういった質問はしないものです。

特にその日の内などスピード勝負でエッチまで持っていけた場合には、とにかく呼び出してエッチまで持っていくことが第一優先ですからくだらない質問などをしている暇はないわけです。

生ハメしたいという欲求に流されないこと

どうせエッチするなら気持ち良い生の方が良い。こんな風に思っている男性は多いもの。しかしこの欲求に流れるのは後にあるリスクについて全く考えていない愚かな行為といえます。

結論からいえば、出会い系で簡単に股を開く女性とエッチをする場合は、必ずゴム着でのエッチをおすすめします。

まず不特定多数の男性とエッチをしているため、性病に感染している可能性があるためです。もう一つは妊娠のリスクを回避するためです。この2つのリスクヘッジをするためにゴム着でのエッチがベターなのです。

簡単に考えると大きな後悔をすることになる

生ハメの方が気持ち良いし、性病を移されても病院に行って治療すればいい。こんな風に考える方もいますが、それが簡単な性病なら武勇伝や笑い話のネタにもなりえます。

しかし中には笑えない病気を移されてしまう可能性だってあるのだということは、実際に移されてしまったときにしか実感できないものです。

後悔先に立たずとはまさしくそのとおりなのですから、可能性がゼロではない限り、自分でリスクヘッジを行いましょう。

妊娠に関しても、相手に妊娠したからと言われれば、それを信用するしかありません。それに対して責任を取らなければならないのは、自分がしたことですから仕方ないのです。

堕胎手術をするにも費用がかかり、慰謝料を請求されてもおかしくありません。またそういったことを狙った妊娠詐欺や美人局でお小遣いを稼ごうとする輩も存在していますからリスク回避のためにもゴム着がおすすめなのです。

3.テーマフッターにアクセス解析を記述【の直前に改行して挿入】 ▼footer.phpに記述~~~~~~~~