ガードが硬い異性を誘いやすいレンタルルーム利用法とは

出会い系を利用したら、心はもちろん身体の方もすっきりとして帰宅したいと思うのは当然のことではないでしょうか。

ただカフェなどでお茶をして帰るだとか、食事をして帰るなんてことになった場合には、サイトで使ったコストも含めて大損をした気分になることでしょう。

せっかく出会ったのにベッド・インまで待っていけない場合に使えるレンタルルームの使い方をここでは紹介。

セックス交渉は出会ったら絶対すべき

エッチをしたいなら、「どう思われるだろう?」などと自分のイメージを考えずに、しっかりとエッチ交渉をすることが大事になってきます。

例えば二人きりでゆっくり話せる場所に行きたいなだとか、他の人には見せないかわいい姿を見てみたいなといったことを相手に言い、しっかりと誘ってあげることが大事なのです。

これまでホテルに誘ったことがなかったとしても、これらの誘い文句を覚えておけば、十分に出会い系からエッチに持っていくことが可能といえるでしょう。

レンタルルームはかなり使える

ラブホ街近くの遊び場や食事ができる場所が確保できているのであれば、その流れで「ちょっと休憩していかない?」という流れを使うことも可能です。

しかしそれができないケースやこちらのアプローチをなかなか受け入れない異性が相手の場合、レンタルルームに誘うというのは、かなり有効な方法といえるでしょう。

二人きりになれる場所としてラブホに行くことを拒否されたのであれば、レンタルルームは使える場所なのです。レンタルルームの実態を知らない女性も多いので、まずは「ラブホ」ではなくレンタルルームを利用しましょう。

ラブホよりもエッチなイメージが低い

レンタルルームは出張型の風俗店でも利用されている休憩施設です。しかしあまり風俗を利用しない女性には浸透していないことが多く、ただのアミューズメント施設と認識しているケースも少なくありません。

そういったところに誘い出して、イチャイチャしていれば、その内にその気になってエッチまでさせてくれる可能性も少なくありません。

恐怖心や不安感はラブホよりも低いわけですから、近場のレンタルルームを利用して自分のペースに引きずり込むのがおすすめです。

本番を焦ってはいけない

出会い系で知り合い、実際に顔を合わせたにも関わらず、エッチを拒否するというのは、まだまだあなたに対して信頼を寄せていない証拠になります。

ですから、何を警戒しているのかを把握してそれを解消してあげることが大事なのです。

そのためには最後までいくことを目的にせず、ちょっとエッチなスキンシップでその日は満足するといった程度で我慢するといった割り切った考えが必要になってきますから覚えておきましょう。

3.テーマフッターにアクセス解析を記述【の直前に改行して挿入】 ▼footer.phpに記述~~~~~~~~