実際に会ったときのラブホテルへの誘い方を知りたい

出会い系を利用する目的は、人によってさまざまですが男性ユーザーの多くはエッチ目的の方がほとんどです。サイト内のやり取りでは上手くいっていても、実際に会ったときに「今日は気分じゃない」などと拒否されるのはショックですね。

メールは上手でも実際に面と向かった誘いは苦手という方は出会い系には多いもの。ここでは上手なホテルへの誘い方を紹介。

体験談は盛っていると判断するべき

出会い系体験談のコンテンツは沢山存在していますが、待ち合わせ場所からラブホテルへ直行なんてケースが多いですよね。

しかし現実的には初対面で待ち合わせ場所からいきなりラブホに行くなんてパターンはほとんどありません。体験談は盛っていると判断しましょう。

食事(お茶)からお持ち帰りというのが王道

待ち合わせからいきなりラブホテルは現実的ではありません。まずは食事かお茶をして顔と顔とを突き合わせたコミュニケーションを取って緊張をほぐしてあげることが肝心です。

エッチがしたいと思ってメッセージ中で大胆だったとしても、いざそのときになってしまうと、恥ずかしさが増してしまうというのが女性という生き物。

焦らずにワンクッションおいてあげることこそが女性たちが「してもいい」と思う余裕のある男性なのです。

緊張するならお酒の力を借りてみる

緊張してしまうのはこちらも一緒。なかなか面と向かったコミュニケーションに自信がないのであれば、アルコールの力を借りてホテルへと誘うようにしましょう。

場所に関しては堅苦しいレストランなどではなく、気軽に利用できる居酒屋さんやカジュアルなバーなどを用いるべきでしょう。

お酒の強要は決してしないこと

ニュースでも報道されていますが、女の子に無理やりお酒を飲ませ、酩酊状態にしてからことに及ぶなんて卑劣な手段を使っている男性が後を絶ちません。

しかしこれは立派な犯罪行為になり、後にトラブルに発展してしまうことにもなりかねないのです。

アルコールの力を借りるのは良いですが、嫌がる相手に無理やりアルコールを飲ませて、フラフラ状態にさせてエッチをするといった方法は絶対に用いないようにしましょう。

テンションを高くさせて褒めまくれ

女性が好きそうなシャンパンやカクテルを飲ませてあげ、緊張を解きほぐしていけば、テンションも上がってきて本来の目的であるエッチな要求にも応えてくれるほどに大胆になってくることでしょう。

なかなかガードが硬ければ、とにかく褒めまくればテンションが上がっていきます。これは嘘八百でもなんでも良いのです。

とにかく褒めることで女性のテンションをあげて、ホテルに行こうと誘えば目的は達成できますよ。

3.テーマフッターにアクセス解析を記述【の直前に改行して挿入】 ▼footer.phpに記述~~~~~~~~